今回は北海道でのeスポーツの話題について書かせてもらいたいと思います。

eスポーツについて 2018はeスポーツ元年!?

日本でも昨今、eスポーツのニュースや特集などで話題になってきましたが、一般的には認知度は低くeスポーツ元年とも言われる2018年後半に至っても国民からの賛否両論が続いているのが現状です。
海外では立派なスポーツとして認識され大規模な大会が行われています。
優勝賞金もリアルスポーツアスリート大会をも上回る賞金が貰える大会も存在します。
単なるゲームと考えるのではなく、幅広い年齢層と個人が輝く時代にマッチングしたインターネットの世界が地球規模で注目されたのではないでしょうか。
今後、eスポーツはオリンピック競技や国体などの競技に採用される動きをみせています。
今年は、二つの団体 コンピュータエンターテインメント協会と日本オンラインゲーム協会がゲームプレイヤーが(JeSU)日本eスポーツ連合を発足させました。
これにより、eスポーツ選手に公式ライセンスの付与やeスポーツ普及の活動を行っています。
今後は、地方での大会開催など盛り上がりを見せていくことでしょう。

北海道のeスポーツの可能性とは?

では、北海道でeスポーツの動きはどうでしょうか? 北海道でも専門学校がeスポーツ専攻学科の開設や単独の小さな大会が行われています。
他の都府県から比べると大きな大会は行われてはいません。
都内ではeスポーツの体験施設など存在していますが北海道eスポーツの世界のコミュニティ的な代表的な施設は存在しません。

ただ、ドスパラ札幌店やツクモ札幌店などにはeスポーツコーナーが設けられています。
今後は編集部としても取材を続けて行きます。

スポンサーリンク